メッセージメッセージ

世の中の仕組みが
変わるときはチャンス
住環境のプロデューサーへ
代表取締役社長
小菅 政義

代表メッセージ

弊社は神奈川県の湘南・川崎地域で、東京ガスグループの窓口となる「東京ガスライフバル」を基幹事業に、衣食住の「住」をプロデュースする住宅設備のメンテナンス業務を手掛けています。いま世の中ではエネルギーの大革命が起きており、2016年には電力、17年には都市ガスの小売り自由化も始まりました。しかし、世の中の仕組みが変わるときはチャンスでもあります。私たちはより地域の方々に寄り添い、当社に関わる全ての人々の幸せを追求し続けます。

より信頼され、選ばれる存在になることが私たちの使命

より信頼され、選ばれる存在になることが私たちの使命

弊社の東京ガスライフバルを窓口とする都市ガス事業は、地域のインフラを預かる重要な仕事です。お客さまの快適な生活を陰で支える縁の下の力持ちではありますが、保安点検(4年に一度全てのお客さまのお宅に訪問して行うガス設備の点検)やガス栓の開け閉め、ガス機器の販売・修理などを通じて、地域にお住いのほぼすべての方と顔を合わせる、お客さまと接する機会が非常に多い仕事でもあります。この接点を強みに、ガスだけでなく電力販売、水まわりをはじめとした住宅リフォーム事業などにも力を入れ、業容を拡大しています。お客さまの安心安全で快適な生活をサポートするために、より信頼され、選ばれる存在になることが私たちの使命です。

お客さまの声に耳を傾け、気配りができる仲間と共に働きたい

お客さまの声に耳を傾け、気配りができる仲間と共に働きたい

湘南・川崎地域は、東京や横浜へのアクセスもよく、海や山など豊かな自然に恵まれており、古くから住まわれている方だけでなく、子育て世帯も増加しています。大学のキャンパスも多く、初めて一人暮らしを始める学生さんもいます。ご高齢の方は電球一つ替えるのも大変ですし、若い世代の方は蛇口の不具合やトイレの詰まりなどに戸惑うこともあります。そうしたお困りの声に耳を傾けるのが、私たちの仕事の第一歩です。そのためにも、人と接することが好きで、気配りができる仲間を求めています。現在、400人以上の社員が日々、地域を回って汗をかいています。社員同士も仲が良く、年に1度はご家族を招いたバーベキュー大会も開催しています。お客さまと共に、この豊かな地域で幸せに暮らしていきたい。それが私たちの願いです。

副社長メッセージ

代表取締役副社長 小菅大輔

より信頼され、選ばれる存在になることが私たちの使命

より地域密着を目指して、お客さまの快適な住環境をサポート

東京ガスグループの弊社は、都市ガス事業を中心に培ってきた技術力とノウハウを生かし、川崎市中原区・高津区をエリアとする「東京ガスライフバル川崎中原」と、鎌倉・藤沢・逗子・葉山の3市1町をエリアとする「東京ガスライフバル湘南」を地盤に、お客さまの快適な住環境をサポートしています。地域には古くからお住いの方だけでなく、新たに転入してくる方も多く、お客さまごとのニーズに応え、より地域に密着したサービスを提供すべく、共に働いてくれる仲間を求めています。

お客さまの声に耳を傾け、気配りができる仲間と共に働きたい

求めるのは主体性と協調性のある方、採用では筆記試験よりも人柄を重視

求めるのは、「主体性と協調性」のある人材です。採用では、筆記試験の点数だけで選考することはありません。どんな経験をされてきたのか、社会人としてどう成長していきたいのか、あなたの人柄を重視します。地域には生活スタイルや世代が異なる様々なお客さまがいます。基本的にはガスを取り扱う仕事なので、厳しい安全基準にのっとった作業であり、限られた時間の中でお客さまに満足していただく難しさもあります。ですから、積極的にお客さまの声に耳を傾け、喜んでいただくことにやりがいを感じる人を求めています。

お客さまだけでなく、共に働く仲間も大切にする社風

お客さまだけでなく、共に働く仲間も大切にする社風

社内は親しみやすい性格の社員が多く、共に働く仲間を思いやる社風があります。営業でもメンテナンス業務でも、基本的には一人でお客さまのもとを訪れて作業をすることになりますが、現場で困ったことがあれば必ず会社の誰かが駆けつけて、助けてくれます。気持ちよく接してくださるお客さまだけでなく、時にはそうではない方もいます。私も現場に出ると、一日の間にうれしくなることも、落ち込むこともあります。でも、疲れて事務所に帰ってくると、温かい声をかけてくれる上司や同僚が待っています。お客さまだけでなく、仲間も大切にする。そんな和を重んじる雰囲気を共に作っていきたいと思っています。

部長メッセージ

取締役事業部長(東京ガスライフバル川崎中原・担当) 小澤訓

少子高齢化の中で子育て世代が増加、将来性のある川崎エリア

少子高齢化の中で子育て世代が増加、将来性のある川崎エリア

私が担当する「東京ガスライフバル川崎中原」は、武蔵小杉周辺を中心とした川崎市中原区・高津区をエリアとしています。東京や横浜へのアクセスもよく、近年は高層マンションが次々と建設され、年々人口が増加しています。特に子育て中の若い世帯、ニューファミリー層(20代後半~40代前半の共働き夫婦と小学生以下の子どもの家庭)の方が増えており、少子高齢化の時代にもかかわらず、小学校が新設されているほどです。活気あふれる川崎エリアは、私たちにとって、非常に魅力的で、将来性のある市場だと言えます。

アットホームな社風が魅力

アットホームな社風が魅力

弊社の魅力は、アットホームなところです。上司と部下の垣根を越えて、何でも相談しやすい雰囲気があります。仕事ではトラブルが発生してしまうこともありますが、失敗しようと思って失敗する人はいません。よかれと思ってやったことで失敗してしまうこともあります。結果だけを判断するのではなく、そこに至るまでに何があったのかを「聴く」社風があります。社員のモチベーションも高いので、チームワークを発揮して、一緒に向上していこうという意欲のある方に、ぜひ入社していただきたいと思っています。

心から感謝される、やりがいのある仕事

心から感謝される、
やりがいのある仕事

私はガス機器の設置やメンテナンス、住宅リフォームの営業などの業務を経験しましたが、ある暑い夏に、ご年配の夫婦の家に息子さんの依頼でエアコンを設置したことがありました。その時に、息子さんから「これで家を空けるときも安心できます。ありがとう」と感謝されたことが今でも忘れられません。また、ガス機器の修理では、再び使えるようになったお客さまから、いつも感謝の言葉をいただきました。お金をいただき、さらに心から感謝される仕事はそうたくさんはないと思います。新たに私たちの仲間になってくれる方も、きっと同じ気持ちを感じるはずです。

部長メッセージ

取締役事業部長(東京ガスライフバル湘南・担当) 亀田貴史

寺社仏閣からリゾートまで、幅広い層のお客さまが住む街・湘南

神社仏閣からリゾートまで、幅広い層のお客さまが住む街・湘南

私が担当する「東京ガスライフバル湘南」は、鎌倉・藤沢・逗子・葉山の3市1町をエリアとしています。鎌倉は神社仏閣が多く、古くから住まわれている方も多いですし、逗子・葉山はリゾート地でもあります。また藤沢は、敷地の広い戸建てが多いだけでなく、山側には学生向けの物件もあるなど、それぞれ異なる特色があります。同じ“湘南”といっても幅広い層のお客さまがおり、その分私たちの役割も大きく、やりがいを感じるエリアです。

喜ばれたこと、失敗したことを次に生かす

喜ばれたこと、失敗したことを
次に生かす

弊社には、ガス機器のメンテナンスや住宅リフォームなど様々な部署がありますが、私は営業畑を長く歩んできました。お客さまの家を回って、ご要望をお聞きし、喜ばれたことやほめられたことを、別のお客さまにもやってみる。怒られてしまったときは、その失敗を次に生かす。その繰り返しに、楽しさとやりがいを感じました。

仕事の喜びを仲間と共に分かち合いたい

仕事の喜びを仲間と共に
分かち合いたい

もちろん、自分一人では何もできません。営業だけでなく、機器の取り付け、保守点検するスタッフがいて、初めて仕事が完成します。失敗しても構いません。失敗を恐れずに、強い意志を持って、それぞれが自分の立場を全うして、最後まで仕事をやり遂げようとする人材を求めています。弊社の企業行動理念の一つに、「仕事には厳しく、働く仲間と家族にはやさしく」という言葉があります。自分だけでなく、仲間の成果も自分のことのように喜びあいながら、新人からベテランまで和気あいあいと仕事をしています。そんな私たちと一緒に働きたいという方に、ぜひ入社していただきたいと思います。